リバースモーゲージローンのメリットとは?

リバースモーゲージというローンを知っているでしょうか。

リバースモーゲージローンは持ち家を担保にして融資を受ける返済不要の高齢者向けローンで、年金しか収入のない高齢者でも利用できることから、老後生活の不安解消プランとして注目を集めています。

主に高齢者向けのローンで、持ち家を担保として融資を受け、生きている間は借りたお金を返済する必要がなく※、亡くなった際に担保を売却してローンを完済するものです(※利息は毎月返済)。

一般的に高齢者世帯は収入が年金に限られてしまい、住宅ローンや自動車ローンといったローンを組むことができませんが、リバースモーゲージを利用すれば、持ち家という資産を手放すことなく、その価値を活かしてお金を借りることができる点にメリットがあります。

昨今では、地方銀行や信託銀行を中心に取扱いは少しずつ増えてきており、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行が参入し、3大メガバンクが出揃いました。

 

リバースモーゲージを検討する際、まずは売却査定を確認する。

リバースモーゲージの担保評価は、リバースモーゲージを利用する金融機関が独自にその査定を行い、評価額は金融機関によって異なります。

一般的には、評価額の50%まで借入できるケースが多いですが、思ったより評価額がつかないこともあるのでリバースモーゲージを検討される際は、事前にイエウールスマイスターなど、手軽に利用できるネット査定で評価額を把握しておくのが良いと言われています。

 

リバースモーゲージは、元本割れのリスクも

最初からギリギリで借りていると、高齢になるにしたがって借入残高がどんどん多くなり、毎月の融資がすべて利息に消えてしまう可能性もあります。

しかも変動金利なので、上昇すれば支払い利息も増え、借入できる金額は減りますし、担保評価が下がっても目減りします。

担保割れの3大リスクである「不動産価格の下落」「金利上昇」「借り手の長生き」のほか、連帯保証人の確保など、課題も指摘されています。

場合によっては担保した自宅を在命中に手放さざるを得なくなるケースもあります。

ネット査定の評価額によっては、リバースモーゲージを利用するより生前に持家を売却して、老人ホームや小さな住宅に住替える方が、得になるケースもあります。

 

3大リスクが立ちはだかるリバースモーゲージローン

  • 金利上昇リスク

    リバースモーゲージの内容は、提供している業者ごとに様々ですが、金利が固定されているケースは稀で、変動するタイプが一般的です。このため途中で金利が上昇した場合は、毎月返済する利息の負担は大きくなってしまいます。

  • 住宅価値下落リスク

    地価下落などにより抵当の住宅資産価値が下落することが考えられます。死亡時期が予定内に収まり、貸付残高の増え方も予想通りだったとしても、清算時の住宅資産価値が貸付残高を下回ってしまいます。

  • 長生きリスク

    契約時点で死亡時期を予想したが、よほど健康に気を付けたのか、もともと頑丈な体質であったのか予想死亡時期よりはるかに長生きしたというケースは考えられます。

このページの先頭へ